大学病院

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院は、神奈川県横浜市旭区矢指町1197-1に位置します。518床の病床を保持し、患者と看護師との距離のない看護を心がけています。ママ看護師が意識する託児所情報については、保育施設はありません。夜勤シフトの相談など、それ以外の支援情報も探ってみましょう。効率を考えた固定チームナーシング、継続受け持ち制を活用し、看護アセスメントを有効的に考えた治療を行っています。

聖マリアンナ医科大学東横病院

聖マリアンナ医科大学東横病院の住所は、神奈川県川崎市中原区小杉町3-435となります。近隣の人たちに頼られる医療を目標とします。看護部では看護師を考えた原則2交替を取り入れています。家庭も思いやった勤務体制を進めています。

聖マリアンナ医科大学病院

聖マリアンナ医科大学病院の院内スタッフは2170人勤務しています。使命感に満ちた看護を実施しています。外来患者は2300名おり、医療施設が不可欠な患者が納得する看護を行っています。

東海大学医学部付属大磯病院

東海大学医学部付属大磯病院は、神奈川県中郡大磯町月京21-1に置かれています。看護師に無理のないモジュール看護体制を採用し、勤務するナースの個性を生かした看護が実現されるように努めています。

東海大学医学部付属病院

東海大学医学部付属病院には循環器内科/呼吸器内科/消化器内科/血液腫瘍リウマチ内科/神経内科/総合内科/腎内分泌代謝内科/心臓血管外科/呼吸器外科/消化器外科/乳腺内分泌外科/小児外科/脳神経外科/整形外科/形成外科/小児科/産科/婦人科/眼科/皮膚科/泌尿器科/救命救急科/耳鼻咽喉科/精神科/放射線治療科/画像診断科/麻酔科/リハビリテーション科/歯科口腔外科/歯科/臨床検査科/緩和ケア科/病理診断科があります。生活保護法/結核予防法/労働者災害補償保険法/地方公務員災害補償法/原爆援護法(一般医療・健康診断)/母子保健法(養育医療、妊婦乳児健康診断)/児童福祉法(育成医療)/精神保健福祉法/更生医療(身体障害者福祉法、戦傷病者特別援護法)/公害健康被害補償法/障害者自立支援法の厚生労働省からの指定を受けた病院としての機能を担い、指定のある医療において重要な医療を担います。看護部では、看護師948名在籍しており、働きやすい2交替の下、看護の仕事を進めています。

帝京大学医学部附属溝口病院

帝京大学医学部附属溝口病院のアドレスは、神奈川県川崎市高津区溝口3-8-3です。近隣住民から信用される医療に努めています。主流のチームナーシング/固定チームナーシング/配属部署により一部機能別看護も取り入れているを導入しており、慌しい中でも治療を受ける者への気配りを考えます。専門看護師は0名活躍しています。保育所はあります。子どものいる看護師は、周りの保育施設を探ってみましょう。

昭和大学横浜市北部病院

昭和大学横浜市北部病院にあるベッドは663床になります。ナースと患者同士の心温まる会話を大事にする病院です。内視鏡的大腸粘膜下層剥離術にあたっており、院内スタッフの連携プレイで、高医療技術を使った医療が行われています。

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院は、神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-1-1に設けられています。197床の病床を備えています。患者と看護師との距離の近い看護を提供しています。1日の外来に来る患者は163.1名おり、診療のみではなく、それ以上の全般的な看護もにもあたっています。看護部では、123人の看護師がおります。ブランクのあるナースや新人看護師も一生懸命に看護業務を行っています。

昭和大学藤が丘病院

昭和大学藤が丘病院には内分泌・代謝科/消化器内科/呼吸器内科/血液内科/循環器内科/腎臓内科/脳神経内科/消化器外科/脳神経外科/心臓血管外科/呼吸器外科/整形外科/形成外科/小児外科/産婦人科/耳鼻咽喉科/小児科/皮膚科/精神神経科/泌尿器科/放射線科/麻酔科/救命救急センターがあります。臨床研修指定病院/被爆者一般疾病医療機関/災害拠点病院/横浜市がん相談指定病院/救急指定病院の認定を受け、認定された医療機関として機能を請け負います。

北里大学東病院

北里大学東病院には内科総合外来/消化器内科/内分泌代謝内科/循環器内科/腎臓内科/血液内科/神経内科/膠原病・リウマチ・感染内科/呼吸器内科/遺伝診療部/精神神経科/皮膚科/女性外来/漢方外来/助産師外来/骨バンク(KUBB)/外科/呼吸器外科/心臓血管外科/脳神経外科/整形外科/形成外科・美容外科/泌尿器科/耳鼻咽喉科・神経耳科/眼科/小児科/産科・婦人科/放射線治療科/放射線画像診断科/麻酔科/救命救急センターがあります。入院患者は328名に及びます。緊急な入院も手厚い対応をしています。

横浜市立大学附属市民総合医療センター

横浜市立大学附属市民総合医療センターには1138名医療スタッフが勤務しています。周りの医療施設と一緒になり、一段と良い医療活動を実施しています。1日の外来患者数は1926名です。外来ではフットワークの軽い看護活動にあたっています。看護部では働く看護師に合わせた3交替を使っており、看護師が勤務しやすい環境作りにあたっています。

横浜市立大学附属病院

横浜市立大学附属病院にはリウマチ・血液・感染症内科/呼吸器内科/循環器内科/腎臓・高血圧内科/消化器内科/内分泌・糖尿病内科/神経内科/脳卒中科/精神科/小児科/一般外科/心臓血管外科・小児循環器科/消化器・肝移植外科/臨床腫瘍科・乳腺外科/整形外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻いんこう科/放射線科/歯科・口腔外科/麻酔科/脳神経外科/リハビリテーション科/形成外科/児童精神科/病理診断科があります。インプラント義歯/抗悪性腫瘍剤感受性検査(SDI法)/(自らその全部を実施する保険医療機関)抗悪性腫瘍剤感受性検査(HDRA法又はD-DST法)/骨髄細胞移植による血管新生療法/三次元再構築画像による股関節疾患の診断及び治療/末梢血幹細胞による血管再生治療/超音波骨折治療法/多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術/腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術を推し進めています。難しい治療では必須な医療を行っています。